義理の両親に言うべきではない?

浮気の疑いは、義理の両親に言うべきではないのでしょうか。パートナーに浮気の疑いがあると、疑心暗鬼になり、精神状態が混乱します。そうした時、配偶者の両親である義理の両親に、つい相談したくなります。配偶者にとってはもっとも身近な存在だからです。義理の両親に相談すれば、何とかなるのではないかと思います。両親がビシっと説教しくれれば、浮気も解消されるのでは、という期待があります。しかし、浮気の疑いの段階では、義理の両親には言うべきではありません。なぜなら、いたずらに不安を与えてしまうからです。浮気をしているという証拠が見つかり、その後の対応を考える段階になるまでは、義理の両親には言わない方がいいてしょう。単なる浮気の疑いの段階では、火種を大きくするだけです。義理の両親にとっては、可愛い子供なので、仮に浮気をしていたとしても、我が子ならかばいたくなります。もし、浮気の疑いの段階で話をされたとしたら、不愉快な気持ちになります。浮気の疑いの段階で義理の両親に言うと、相談をした自分が疑われたり、不審感を抱かれる原因になるので、避けるべきです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ